おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

1月③冬の森

この日は雨の予報で降るかな?寒いかな…?という天候でしたが、なんとか天気がもち、少し寒かったけどいつものおさんぽができました。

我が子の6歳SOも秋からの参加でしたが、みつクロメンバーの最年長として、お兄さんらしく崖を上ったり遊びを提案したり弟を守ったりして(笑)、居場所ができて楽しんでる様子。

弟のSEも動きが活発になってきた1歳児のお友達を中心に周りの友達と関わることも増えてきて、自然や友達からたくさんのことを吸収している様子。

さて、今日のおさんぽもいつものように「やりたいことやりたくないこと」を見守るスタイル。

Kくんは昨日の雨水がたっぷり溜まったプランターの水を満面の笑みでバシャバシャ!

f:id:mitsukuro3:20200216133651j:plain

いろんな大きさの石を入れては、跳ね返る水しぶきを楽しんでいました。子どもは寒さなんて関係ない!

f:id:mitsukuro3:20200216133729j:plain

他にもいろんな大きさや形の石を転がしたり…

f:id:mitsukuro3:20200216133741j:plain

いつもの秘密基地ではしごに上ったり…

f:id:mitsukuro3:20200216133803j:plain

カマキリの卵をみつけて
「ふーってしたら赤ちゃん出てくるかな?」

f:id:mitsukuro3:20200216133820j:plain

「私もやりたいの!」

f:id:mitsukuro3:20200216133836j:plain

お兄さんらしい一面を見せるSO(笑)

この日のテーマトークは「最近のみつクロについて思うこと」でした。

みつクロでの成長はもちろん、家や園での成長、ちょっと困ってること、悩んでること、みつクロ母さんたちで共有しました。

今回みたいにちょっとなかなかママ友とは話さない内容も、自由に話せて全部受け入れてもらえる場所があるっていう安心感といったら…。

もちろん子どもありきでみつクロに参加してるんだけど、

「うんうん、そうよね〜。」
「片目つぶるぐらいでちょうどいいんじゃない?」
「うちの○○もこのとき大変だったんよー。」
「この前○○くん、こんなこと言ってくれたんよー。」

と私が「うん、これでオッケー。大丈夫!」って思える言葉をたくさんかけ合える仲間がいるので、もう正直自分が楽しんだりほっとしたりするために行ってると言っても過言ではない(笑)。

特に言葉は交わさなくても、そこにみんなが集まって、子どもたちが遊んだりけんかしたり笑ったりして、それを見守ってるだけでいつも心地よい疲れで車に乗って帰路につきます。

お兄ちゃんのSOがいつも帰りの車の中で
「お母ちゃん、今日も楽しかったね!」
と言います。もうその言葉だけで「今日も行ってよかったな。」と思います。

「みんな、今日もありがとう!また元気に会おうね!」

(文:ももちゃん、写真:みつクロアルバム)

2月①節分

f:id:mitsukuro3:20200207154908j:plain

節分の次の日のみつクロ。
次の日だけど鬼が来たよー! 

いつもの様に始まったお散歩。
しょーちゃんが何やら怪しげなものを出して来ました。

f:id:mitsukuro3:20200207154924j:plain

本物のイワシの頭!そして、ヒイラギの葉っぱ。 
本格的な用意にビックリ…そしてみんな興味津々。

『みんな、なんでイワシを飾るか知っとる?』
『鬼はイワシの臭いが嫌いなんよ〜』

へ〜。

さっそく、鬼が怖いと涙目のAちゃん。 

これで鬼が近づかんからと言われ、
イワシの頭が刺さったヒイラギをぎゅっと握りしめ、
お母さんにぴったりくっついていました。

しばらくすると、子どもたちが怪しい物を発見します!
なんと、鬼からの手紙!

f:id:mitsukuro3:20200207154949j:plain
血みどろの字で書いてある鬼からの手紙は大人もちょっぴり怖い本格派。 

子どもが寝てから準備をしているお母さんの姿が浮かび、
尊敬と、とても温かい気持ちになりました。

そして、今日は工作も。
大量のチビ鬼ちゃんたち!

f:id:mitsukuro3:20200207155035j:plain

f:id:mitsukuro3:20200207155024j:plain
個性の溢れるチビ鬼ちゃんたちに目を細めるお母さんたちです。 

一部の子どもたちは鬼退治用のドングリを拾いに。

f:id:mitsukuro3:20200207155733j:plain

しかし、思ったより集まらず、仕込みのドングリも用意。
お母さんたちも本気です。 

お昼を過ぎて、
鬼のパンツの絵本でみんなで踊って歌っていた、その時!

背後から赤い鬼がやってきました!

f:id:mitsukuro3:20200207155059j:plain

ぎゃーと大泣きする子、必死にドングリを投げる子、固まる子。

まぁ大騒ぎ。 

f:id:mitsukuro3:20200207155352j:plain

いつも、強い強いA君。
近寄ってくる鬼さんに、来ないでー!と泣き叫んでいました。 

いつも、やられっぱなしの息子のIと一緒に
『A君の弱点見つけたねぇ』と言いながら帰りました。

毎週会っているのに初めて見る子どもたちの表情。
お友達や我が子の意外な一面。

新しい発見の連続です。

 

そして、私事ですが、いつも二人連れ(3歳1歳)で参加しています。

下の子Rがなかなか私から離れず、少し姿が見えないだけで、ギャン泣き。おんぶの時間も長い…上の子とは真逆。 

そんなRを抱えて、上の子を見守るの、
正直、あぁ、しんどい…と思うこともあったんです。 

でも!なぜか!今日!
Rが私から離れ、スタスタと歩き散策を始めたではありませんか!
まだまだ私が見える範囲ですが勝手に遊んでる! 

f:id:mitsukuro3:20200207155135j:plain

私はとっても複雑な気持ち!

あぁ、やっと身軽になった清々しい!
でも、なんか寂しい!悲しい!
嬉しい…?!感動?!

そして、ふと考える。

なぜ今のタイミング?

子どもたちは
自分のタイミングで
自分の力で
自分のいい時期に
勝手に
あっという間にグングン離れていくなぁ。 

そう思うと、お母さん!って求めてくっついてきてくれる時間は一生のうちで今だけ。

なかなか離れなくて心配することや、ちょっと大変な時もあるけれど。

やってみたい!してみたい!行ってみたい!
という時に手を離して背中を押せる様に。
しっかり見守れる様に。

今この瞬間を大事にしようと心に誓ったのでありました。

f:id:mitsukuro3:20200207155508j:plain

f:id:mitsukuro3:20200207155542j:plain

(文:マイマイ、写真:みつくろアルバム)

1月①3学期初めのみつクロ

今日は鏡開きです! 

今年は暖冬!
とは言え、冬のいつものフィールドは空気がキーンとしています。

f:id:mitsukuro3:20200115202311j:plain

焚き火もなかなか火がつかずみんなで試行錯誤。

無事に火がつき、焚き火を囲みました。 

f:id:mitsukuro3:20200115202330j:plain

体調不良もあり、少し人数は少なかったけれど、
お餅を焼いたり、みかんを焼いたりして楽しみました。

f:id:mitsukuro3:20200115202429j:plain

f:id:mitsukuro3:20200115202437j:plain

私の息子Iは、
来て早々にA君とケンカ(Iの負け)をしてしまい
泣きながらこちらに走ってきました。

笑っちゃいけないけど、その姿が可愛くて、みんなで見守りました。

しばらくすると、帰ると言い出して、1人歩き出します。

先ほどのケンカが響いている様子。

駐車場に行くまでに小高い山があり、そのてっぺんで仁王立ち。

ギャーと叫んだり、大きな声でお友達を呼んでみたり。 

みつクロに来た頃は、
上手くいかない事があると、どうしたらいいか分からず、
本人も親も戸惑っていたけれど、
今は気持ちの切り替え方が分かる様になってきました。 

f:id:mitsukuro3:20200115202353j:plain

例えば今回は

・その場を離れる(心を落ち着かせる)
・叫ぶ(発散する)
・時間をかける(切り替え、気持ちの整理)

子どもの謎(の様に見える)行動を、親が『あ、今は気持ちを切り替えているのね』と理解してあげられるか。

又はそんな余裕を持てるか。 

みつクロは親育ちの場とも言われているけれど、
こういうことか…と、やっと分かったのでした。 

そもそも、上手くいかないって何だろうか。
それって悪いこと?

人間関係だって、人との距離感だって、
時間をかけて、トライ&エラーを繰り返しながら、
徐々に自分の心地よい、着地点があるはず。

まだ小さい子どもたちは、その事を山での体験を通して学んでいる最中かもね。(もちろん、私たちも)

少しすると大きいお姉さん、お兄さんメンバーが
『大人が知らない秘密基地に行かない?』
と誘いに来てくれて、みんなで秘密基地に。

f:id:mitsukuro3:20200115202405j:plain

些細な事だけど、子ども達が気にかけてくれていて、とっても嬉しくなりました。

私は息子に付き合い、なかなかお餅にありつけず…
冷たくなったお餅を焼き直してもらい食べました。

あーお餅が固くなるな〜腹減った〜(遠い目…)と思いながら秘密基地に付き合ったので、お餅にありつけた時は嬉しかったです。笑。

 子育てしていると、些細なことに感動したり、考え込んでしまったり、色々なことがあるけれど、こうして、一つづつ乗り越えていくんだなぁ。

f:id:mitsukuro3:20200115202505j:plain

このメンバーでのみつクロの活動も3月まで。

あと数回、どんな気持ちになるのか。

もうすぐ、出産を控えたメンバーも2.3人いるので、に賑やかになるみつクロが今から楽しみです♪

(文:マイマイ、写真:みつくろアルバム)