おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

1月①雪の森

いよいよ三学期が始まりました。
週末の雪が残っていて、森は真っ白!
寒いんだけど、ワクワクしてしまいます♥

f:id:mitsukuro3:20170124220704j:plain

f:id:mitsukuro3:20170124220715j:plain


雪の上を歩くとふかふかしていたり、ザクザク音がしたり、ちょっと滑りそうになったりして、それだけで気分が盛り上がってしまいます。
お弁当をみんなで食べながら、ちょっと遅めの鏡開きで、お餅を焼きました。
火が暖かくて、お餅が暖かくて、心がほっこり暖かくなります。暖かいって、幸せだなぁ。

f:id:mitsukuro3:20170124220630j:plain

テーマトークは、「新年の抱負」整理整頓、体調を整える、無事に出産、筋トレなどなど、いろんな話が出ました!1年間、目標に向かって頑張るぞー!みなさま、今年もよろしくお願いします。


ところで、みつばのクローバー の花言葉、知っていますか?
「約束」、「復讐」という意味が一般的ですが、「幸福」という意味もあります。
ちなみに、四つ葉のクローバーは、「幸運」です。
四つ葉クローバーを見つけると、いいことがある、幸せになれる。
小さい時にそう聞いて、必死に四つ葉のクローバーを探したことがあります。
三つ葉のクローバーには目もくれず、踏んづけてしまった三つ葉もたくさんあります。
でも、本当はとっくにたくさんの幸せに包まれていたんだ。
たくさんの幸せの中にいるのに、もっと特別な”ラッキー”な何かを探し続けていただけなのです。

いま、目の前にいる子どもは三つ葉です。本当は、私のところへ産まれてきてくれて、私と手をつないでいてくれるだけで十分幸せなはずなのに、欲がでてしまって、他の子と比べてしまったり、思うようにいかなくてイライラしたり。
目の前にいる我が子のいいところはスルーしてしまって、つい、四つ葉を求めてしまいます。
我が子のありのままを認めて、それが幸せなのだと感じる時間を、みつクロで過ごしましょう。
主人が、子どものことを
「存在だけで100点。他人の評価は関係ない。」
と言いました。
私も頭ではわかっているけど、やっぱり人目を気にしてしまいます。
この三学期、我が子との最後のみつクロの時間。
心からそう思えるように、親育ちしたいと思います。
幸運(四つ葉)より、幸福(三つ葉)の方が、きっと幸せです。

f:id:mitsukuro3:20170124220616j:plain

 

(文:おすぎ、写真:みつくろアルバム)