おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

6月②カニと巨大蛾

f:id:mitsukuro3:20170621070301j:plain

梅雨入りしたけど、お天気な日が続いています。
今日の見守りポイントは、「大人が先回りして教えずに子どもの見つけるものを尊重しよう」

おさんぽの中で、子どもたちはたくさんの???に出会います。
MKくんは、アリやいもむし、動物の糞、小さな小さな何かのかけら、歩きながらたくさんのものを見つけて足を止めます。
子どもの???に寄り添い、足を止めてゆっくりと感じることができる時間って、なかなか無くて、週1のみつくろのこの時間がとても幸せな時間♡

この日は、わくわくする生き物たちに出会いました。

YKくんが見つけた沢カニ!!

f:id:mitsukuro3:20170621070910j:plain

わーーーー!!!カニ!!!!っと、みんなで寄ってたかって見たり追いかけたりしたよ。カニさんたじたじ・・笑

ハサミが大きいのは雄なんだよってかなちゃんが教えてくれました。


そしてこーーんなに大きな蛾も・・(右上の写真↓)

f:id:mitsukuro3:20170621071059j:plain

手のひらよりも大きくて、背中のピンク色が綺麗な蛾。

生き物が大好きなみっちーが、家に帰って図鑑で調べたら、「ヨナグニサン」という日本最大の蛾だと教えてくれました(@_@)図鑑で調べるあたりがさすが!!

(2019年2月追記 蛾に詳しい人が、広島にはヨナグニサンはおらず、シンジュサンだと教えてくれました)
横からの接写写真を見せてくれたけど、豊満ボディがすごい貫禄でした。ぞわぞわ・・

まだ小さい子どもたちの目に、生き物はどう映っているのかな。
命があるということ、さまざまな生き物と共に暮らしているということ、たくさん感じて、心を育てていってほしいなぁ。

f:id:mitsukuro3:20170621071604j:plain

この日のテーマトークは、「見守りについて思うこと」

みんなの素敵な話を聞けて嬉しかったです。それぞれのお母さんの子どもへの想いや、大切にしていることを聞くと、お母さんの我が子への愛情の深さを思い、心が温かくなります。
我が子への心配や葛藤も、親子だからこそ感情的になるのであって、それも母の愛がゆえ。その葛藤の中で、子どもに育てられてるなぁと感じる毎日です。

子どもの育ちは子どものもの。その子のタイミングがあるんだよなぁ。


我が子MKは、春からのみつくろで他の子たちとどんどん関わるようになってきて、去年からの成長っぷりに驚かされます。まだつたない言葉で、なんとなく他の子とコミュニケーションとってたり、ときには喧嘩や衝突してみたり、そんな姿を見ると、「成長してるなぁ」とうれしくなります。


楽しいことも、美味しいことも、失敗することも、喧嘩することも、泣くこともぜんぶぜんぶ心の栄養!たくさん感じて育ってるんだなぁ♡子どもってすごい!

(文:かよ、写真:おすぎ・かよ)