おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

2月①森の節分

ここのところ火曜日は、お天気に恵まれています☀️
今日も、真っ青な空に白い飛行機が映える良いお天気で、子どもたちはみんな上着を脱いで活動するほどのぽかぽか陽気でした‼️

節分の朝、森の神さまからお手紙が

みつくろっ子は、いつも朝と帰りに森の神さまにも挨拶をしています。
「おはよー!」
「バイバ〜イ!」
「今日も元気に遊ぶことができたよ!」
「ありがとう♡」

今日はなんと!いつも挨拶をしている森の神様からお手紙が✨
節分はもう過ぎたけど、もしかしたら鬼がやってくるかも…?!という内容に、子どもたちは複雑な表情で耳を傾けます。

「鬼は、みんなの心の中にいる泣き虫や怒り虫、弱虫が大好き。
でも、みんなの心の中にはそんな『虫』はいないだろうから、きっと鬼は来ないね。
でも、もしも鬼が来たら…。鬼は小さくて丸いものが大嫌いだから、一応、どんぐりを集めに行こうか!」
かよちゃんの号令に、みんな一斉にしゅっぱ〜つ♪

f:id:mitsukuro3:20190208091757j:plain

どんぐりを探す子どもたち

この時期、どんぐりは葉っぱの下にかくれんぼ。ちょっと見ただけではなかなか見つかりません。
葉っぱをよけてしっかり探す子どもたち。お母さんの方が必死に探していたかもしれません。

f:id:mitsukuro3:20190208091659j:plain

そんな中、小川に下りる階段にたくさんのどんぐりを見つけた子どもたち。
ぽかぽか陽気の中、どんぐりを拾うことより小川に入りたくなり、靴を脱いでちゃぽん。肌で冬をしっかり感じ、「つめたーい!」とすぐに上がっては、また入っていました。
川遊びよりどんぐり!とカップいっぱい集めたTMくんに教えてもらって、ちゃんとどんぐりも拾って帰りました!

のんびりいつもの森のひととき…と思いきや

f:id:mitsukuro3:20190208091735j:plain

お弁当を食べ、いつものように自由に遊んだり、最後のお散歩の日にお母さんから子どもたちにプレゼントする修了証を作ったり、手遊びをしたり、絵本を読んだり。
この日は、みずほちゃんが節分にちなんで『おにはうち』という絵本を読んでくれました。
あれ?そう言えば、鬼は来なかったね!よかったね!やっぱりみんなの中に悪い虫はいないからだね!と思っていたら…

えっ?!

わ!!

赤鬼登場〜!!!

やっぱり鬼は来てしまった

f:id:mitsukuro3:20190208091413j:plain

おしりをフリフリ♪見た目は怖いけどとってもひょうきんでかわいい鬼がやってきてくれました!

初めて見る鬼に大泣きしながらも力いっぱいどんぐりを投げる子もいれば、かわいい♡と笑顔でどんぐりを投げて、最後は赤鬼を追いかけていった子も♪

我が子Aは、この日、妹のSTとハシゴの取り合いになり、STを突き飛ばして泣かせたり、一緒に遊ぼと来てくれたAKちゃんにやめて!と強く言って押したり。そのたびに「嫌だったんだよね。でも、お友達を押して頭を打ったらどうなるかな?」と話をしていました。
それでも、絵本を読み終えた後、やっぱり近くに来たOSくんを押してしまいました。
そんなタイミングでやって来た赤鬼を見て、自分のところに来たに違いない!と思ったのか、ぎゅっと私の脚にしがみついたまま離れないA。ひろみんにもらったどんぐりも、しばらくぎゅっと握りしめたまま固まっていました。最後、鬼が倒れたころになんとかどんぐりを投げましたが、自分の足元に落ちるほどの弱々しさでした。

鬼が逃げて行った後、森の神様から「鬼をやっつけてくれてありがとう!」というお手紙とともに、おせんべいが✨

f:id:mitsukuro3:20190208091621j:plain

Aは、おせんべいを食べながらも「鬼さん怖かった。Aくんがお友達押しちゃったから、鬼さん来たね。」としょんぼり。
心の中の怒り虫としっかり向き合って、「もうお友達押さないよ。」と約束をしました。
ちゃんと気づけてよかった✨

みんなも心の中の、泣き虫・怒り虫・弱虫をやっつけることができたかな?

もしかすると、子どもたちが心の中の『虫』に自分で気づいてやっつけられるように、森の神様が赤鬼に変身して来てくれたのかもしれないね‼️

優しい赤鬼さん、ありがとう💕

(文:たえちゃん、写真:みつくろアルバム)