おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

3月②2018年度おしまいの日

f:id:mitsukuro3:20190316104314j:plain

2018年度みつばのクローバー、最後の活動日を迎えました。

この日は、これから色とりどりに賑おうとしている草花の色付けを最後に手伝うかのような寒い日でした。

お気に入りのどんぐりひろばへおさんぽ

f:id:mitsukuro3:20190316104325j:plain

前回同様お弁当を持って川に向かっておさんぽスタート。

我が子Yは、安定の1番最後を歩きます。
坂を登っては下り、登っては下り、なかなか先に進みません。
まぁ、これを見守るのもあと少し…そっと心の中で「頼む。川まで行ってくれー。今日は色々あるんだよ」と大人の都合を呟きながら待つことにしました。

山の上のひみつきち

f:id:mitsukuro3:20190316104359j:plain
みつクロキッズ達は、先週見つけた秘密基地に大集合!!
竹で作られてる台場に登ったり、細い竹をチョキチョキ切ったり、草木を拾ったり、ケンカをしてみたりとそれぞれが秘密基地を堪能しました。

先週竹の台場がもろくなっているのに気づいたあきなちゃんがロープとハサミ持参で修復!!
こども達が安全に遊べる配慮も忘れません。

やっぱり大好き!水遊び

f:id:mitsukuro3:20190316104416j:plain

川辺でお弁当を食べたら、川に入るこどもが続出。
大人は手をつけただけで「冷たーい」と声を上げてしまう冷たい川もこども達にはステキな遊び場となっていました。

いつもお弁当を食べたら帰りたくなっちゃうNちゃんも笑顔炸裂で川遊びを楽しんでいました。
そんなNちゃんを優しい笑顔で見守るふちみゃん。それを嬉しそうに見守るみつクロ母達がいました。

川好きなYは、川に入る→上がる→着替える時寒さで泣く→また入るを3度も繰り返しました。
持ってきた大量のお着替え大活躍でした。

葉っぱの蒸しパン作り

f:id:mitsukuro3:20190316104429j:plain

香りの良い葉っぱを入れた、みつクロ特製蒸しパンを作って最後の野外料理も楽しみました。

1年間ありがとう!卒会おめでとう!

f:id:mitsukuro3:20190316104551j:plain

おやつの後は、お母さんからこどもへの修了証授与式。
お母さんが1年を振り返って一生懸命作った修了証を嬉しそうに見せに来てくれたこども達。
とても自慢気で1年前よりぐっと成長した笑顔を見せてくれました。

最後の絵本の読み聞かせは、たえちゃん。

f:id:mitsukuro3:20190316104844j:plain

なんと最終ページに細工が…みつクロ仕様になっててこども達が集結していました!
これには母達もビックリ!!
とても感動して、「20年後も同じもの作りたいねー」なんて声も上がりました。

最後の最後の最後は、こども達からかよちゃんとあっきーに感謝の気持ちを込めてお花のプレゼント。
1人1人手渡しをして、2人とハグ。
感謝の気持ちや楽しかった気持ちを言葉に出来る子・出来ない子の思いもしっかり伝えることができたと思います。
ありがとう かよちゃん
ありがとう あっきー

濃く楽しかった2018年度の修了

今年のみつクロは、災害でメインフィールドを使えなくなりました。
リーダーは、悩みに悩み場所を変えて活動を継続する事にしました。
場所を変えた事により得たものもあり、場所を変えたからこそ今までのフィールドの良さを再確認することもありました。

私個人としては、活動を休止せず継続してくれたことに感謝しています。
活動を通して、親も子も沢山の経験をして、時々涙が出ることもあったけど、沢山笑うことができました。
続けたからこそ、こども達も母達も素晴らしい絆が深まり、とても良いチームで活動できたと思っています。

f:id:mitsukuro3:20190316104524j:plain

ありがとう みつクロ
これからもよろしく

(文:ゆみちゃん、写真:みつくろアルバム)