おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

9月②森のお月見会

今日のおさんぽは森の山荘!

中秋の名月を前に、お月見だんごの野外料理に挑戦です。

f:id:mitsukuro3:20191005194004j:plain

山荘までの道のりは、ざわめく木々に流れる小川のある森の道。
大人の足だとすぐにたどり着く道を、子どもの足並みと好奇心に寄り添いながらじっくりと歩きます。

f:id:mitsukuro3:20191005194006j:plain

山荘に着いた子から、集めた森の小枝に火を着けてお団子汁の用意です。
みつくろの野外料理では、自然に落ちている小枝に火を着けて料理を作るという、原体験を大切にしています。

火は熱くて危ないものだからと遠ざけるのではなく、自然と火は私たちの食と繋がっていて、でも扱い方によっては危ないこともあることを、じっくりと子どもたちの心と体で知ってもらいたいという願いがあります。

f:id:mitsukuro3:20191005194009j:plain

小枝に火が着いたら、今度はお団子づくりに挑戦です!

お豆腐入りの白玉だんごはとっても柔らかくて、小さな子どもでも食べやすい食感です。
こねこねペタペタ。いろんなかたちのお団子が完成!
作っている横で茹でて、きなことあんことみたらし餡を並べたら、できたてのお団子はあっという間に子どものお腹の中に。

f:id:mitsukuro3:20191005194012j:plain

みんなが持ち寄った野菜とお味噌で作ったお味噌汁にも、お団子を入れてほっこりおいしいお月見だんご汁もつくりました。

あぁおいしかったし楽しかった♡火を使った料理作りが楽しめる秋冬は、いろんなおいしいをみんなで作って食べようね!

(文:かよ、写真:みつくろアルバム)

〇覚書(14組分のお月見だんご)

白玉粉 4袋
だんごの粉 1袋
お豆腐 150g×4パック
水 適量