おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

10月の活動③森の音楽会

f:id:mitsukuro3:20151026184554j:plain

この前、もう10月だと思っていたのに、なんともう10月も終わりそう。
あっという間に年末だ!
今日のみつくろでは、木のつるや、ドングリなどを使って楽器を 作り、みんなで演奏会をします☆

 

f:id:mitsukuro3:20151026184452j:plain

f:id:mitsukuro3:20151026184512j:plain


森の中を通って、目的地まで出発。
お母さんと一緒にドングリや木の実など、みんな色んなものを拾って、袋がホカホカになったね~(*´∀`)♪
私たち大人は、綺麗な色や形のものに目がいくけど、子どもって石でも砂でも何でも宝物☆
目線が低いから、大人と違う色んなものを見つけることができるね!
ちょっと座って子どもと同じ目の高さで森を見てみた。
いつもこんな風に世界が見えているんだなぁ。
なるほど、砂や石がキラキラ輝いているように見える☆


木の葉が、空が、太陽が高い。
大人が上から見下ろしている。
子どもたちはこれを見て自然やお母さんに包まれていると感じているのかな。
こんな上から怒られたら、それだけで怖いよね(>_<)
と、日々の自分を反省するのでした。。。

f:id:mitsukuro3:20151026184532j:plain


さて、歩いて行くか!
赤、黄、緑、茶色、色とりどりの葉っぱたち。澄んだ空気が涼しい。木漏れ日が眩しい。落ち葉が歩く度にカサカサ音をたて、木の葉がサラサラ音をたて、五感をフル活用して秋の森を感じていく。
隣には大切な我が子。
温かい手を繋いで、一歩また一歩一緒に進んでいく。なんて贅沢な時間!!

そんな時、石につまずいて転んでしまって、泣き出した。
あぁ、せっかく機嫌直して歩き出したのに。。
迷って考えて悩んで、私は、抱っこしてもいいんだけど少し歩かせることにした。
号泣しながらも、しっかり私の手をつかんで歩いている。
すると泣き声の合間から、何かが聞こえてきた。
るみちゃんのフルート、みつくろマーチだった。森中に響き渡っている。
毎週朝の会で歌っているみつくろマーチ。一歳半の我が子も大好きな歌。
思わず私が口ずさんだら、号泣の我が子が泣き止んだ!
音楽って素晴らしい☆
沈んだ心を暖かくしてくれる。
たった1年半しか生きていない我が子でさえも、音楽を楽しめるってすごいなぁ。

 

f:id:mitsukuro3:20151026184617j:plain

f:id:mitsukuro3:20151026184658j:plain

f:id:mitsukuro3:20151026184632j:plain


木のつるの鈴、ドングリのマラカス、リコーダーにウクレレにフルート。
みんなで奏でた音楽は、みつくろバージョンのステキな歌になった。
お母さんが子どもに微笑みかけ、子どもはお母さんに笑いかける。
親と子が同じ空間で同じことで楽しんでいる。普通のことのようで、日常ではそんなにないことかもしれない。
そんな当たり前のようで、実はとても貴重な時間をいつも与えてくれるみつクロ。
今日も沢山のことを感じて、ステキな1日になりました。

f:id:mitsukuro3:20151026184733j:plain

f:id:mitsukuro3:20151026184716j:plain

 

(文 おすぎ、写真 おすぎ、かよ)

 

追記:みつクロブログをかいてくれるひとを募集中です。
かんたんな内容でいいので、活動の様子をつづってみませんんか☆?