おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

3/6映画「こどもの時間」自主上映会ご案内

f:id:mitsukuro3:20170421182546j:plain

3月6日(金)
子育て映画「こどもの時間」の自主上映会を開催します。

火と水と土と風とともに生きる0歳から6歳のこどもたちの、かがやく生命の記録映画です。自然の中で仲間とともに育つ子どもたちの様子、ぜひご覧ください。

...

和室での鑑賞となります。赤ちゃんの声はBGM♪託児も受け付けておりますが、小さなお子さん連れの方にも気兼ねなく観ていただけます。

上映会終了後には、ランチ交流会(希望者のみ)を企画しています。映画の感想や、日々の子育てのことなど、おさんぽサークル「みつばのクローバー」のお母さんたちとワイワイおしゃべりしませんか?
くらしマルシェ/365さんのヘルシーお弁当の予約も承ります。(大人用540円、子ども用420円)他にも軽食の販売あり。

********
○「こどもの時間」自主上映会○

●日時:H27年3月6日(金)
 【上映】10:00~12:00(9:30開場)
 【ランチ交流会】12:00~13:30(希望者のみ)
●開催場所:安佐南区区民文化センター 大広間(和室)
広島市安佐南区中筋1-22-17)
●参加費:500円(部屋に同伴のお子さんは無料)
●託児:一人300円(要予約、概ね7ヶ月以上。託児には限りがあります)

●お申込み:
▶mitsuba.c3@gmail.comまで、下記情報をお送りください。
メール件名に「こどもの時間」、
メール本文に、①お名前(ご覧になる方全員・お子さんは年齢も)、②メールアドレス、③電話番号、④託児の有無、⑤ランチ交流会希望者は弁当予約の有無(大人用540円、子ども用420円)

**作品紹介**

『こどもの時間』に登場するこどもたちは、埼玉県桶川市にある、いなほ保育園に通っています。
こどもは、0歳から6歳の友だちおよそ100人とおとなと、山羊と馬とロバとガチョウとニワトリと犬とクジャクと、火と水と風と土とともに生きています。

いなほ保育園が誕生したのは1981年。最初は小さな園庭からの出発でした。
その後、こどもが心ゆくまで駈けまわることのできる約4000坪の土地を借り、園舎を築き、今日にいたります。

冬のこどもは、大きな焚き火で体をあたため、炎から、食べ物と多くのものを得ます。おとなが昼ごはんの魚を焼いたあと、何か熱心に焼きはじめるこどもが一人また一人。焼く物は、畑の芋や魚の骨、あるいは手でこねた土団子。
誰に教わるでもなく、思い通りの火加減にしようと、薪を足したり、灰を枝でかきわけたり。毎日やっても飽きません。

夏のこどもの心は、水と遊ぶ喜びで満たされます。
木を組んだ手作りのプールができあがると、こどもたちは、ひがな一日プールの中。飛んだり弾んだり、変幻自在に動くことができる水の世界に夢中になります。 年下のこどもは、年上のこどものやることに憧れ、見よう見まねで泳ぎを覚え、もぐり、飛びこみ、冒険にでるのです。

食べることは、こどもにとって大きな喜びです。
0歳の赤ちゃんも、よちよち歩きの子もみんな、自分の手と頭を懸命に使って〈今日の美味いもの〉を、おなかと心におさめます。
『こどもの時間』には、食べる場面がいくつも出てきます。見てくださるとき、少々空腹でおいでください。 ひたむきに食べるこどもたちの思いと、素朴な食べ物の味わいを、より感じていただけると思うのです。〈美味いもの〉を食べて、満足したこどもが、また走りだします。

【野中真理子監督作品/文部科学省選定映画/2001年/16mm/カラー/86分】
作品ホームページhttp://www.tontongikogiko.com/kodomonojikan/

上映会チラシダウンロード(PDF)
https://drive.google.com/open…