おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

7月①七夕飾り

朝の会が始まる前、七夕飾りを作るため、数人のお母さんたちが笹の枝を切ってくれました。
笹の葉がくるんとなってしまわないように切り口を水につける。私ならきっとチョキンと切っておしまい。
こういうちょっとした細やかな心配り、素敵だなって思います。

その後は集合場所へ向けてそれぞれ抱っこや歩きでてくてくと。
いつものようにシールを貼って、森の神様にごあいさつして、お名前呼んで、お歌も歌って、いざ出発。

f:id:mitsukuro3:20160706225355j:image


この日はとってもムシムシしていて、川へ到着すると、お母さんたちも普段は履いたままの長靴を脱ぎ捨て川へgo!!

f:id:mitsukuro3:20160706225407j:image
ひんやり冷たい水がとっても気持ちいい。
いつもはちょっと水に抵抗感を示す息子Kもこの日はわりとすぐに水に慣れてきて、あっちへ行こうと指をさしたり、
手でバシャバシャと水しぶきをあげて顔にかかるのを喜ぶ姿を見せてくれ、私もうれしくなる。

f:id:mitsukuro3:20160706225422j:image

 

ひとしきり川で遊んだ後はお弁当タイム。
今日は「私の願い事」というテーマでみんないろんな事を話してくれました。
私が一番印象に残ったのはおすぎの家事ロボットの話。その楽しい発想が素晴らしい。あ~、私の家にもいたらいいな。

 

f:id:mitsukuro3:20160706225454j:image
お弁当の後は、それぞれ川で遊ぶ、お昼寝する、七夕飾りを作ると思い思いに過ごします。
私と息子のKは七夕飾りを作ることに。日頃なかなかペンを持たせてもらえないKは、満面の笑みでそれはそれはうれしそうに
短冊に願い事(?)を描いていました。きっと願いは「思う存分自由にお絵かきする」でしょうね。

 

最後はさきちゃんが七夕にちなんで「おほしさま」の絵本を読んでくれました。
かわいらしい絵と「おほしさまおほしさまおほしさま どんなあじがするのかなぁ」の繰り返すフレーズが心地よい。
そして何と何と、絵本の後にはおほしさまのクッキーが登場です。さきちゃんの粋な計らいにブラボー。
うわぁ~という歓声とともに、次々と子供たちの手がクッキーに伸びる。
まだ輪の中に入っていけないKもあれあれと指さしてとっても欲しそう。
私がとって渡してあげるとパクパクとおいしそうに食べていました。

f:id:mitsukuro3:20160706225527j:image
Kのお姉ちゃんはアレルギーでみんなと同じに自由には食べられない。
そんな理由もあって、Kがみんなと一緒においしそうに食べる姿を見て
本当に幸せだなぁ~、ありがたいなぁ~としみじみ思いました。
帰ってからKと作った七夕飾りに「みんなで一緒においしく食べて幸せ」の短冊も付け加えました。

 

七月七日、みんなの願いが天まで届いてきっと叶うことでしょう。

 

(文 ひろひろ、写真 おすぎ、さきちゃん、かよ)