おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

7月①そうめん流し

先週はあいにくの台風で、お休みになったみつクロ。

f:id:mitsukuro3:20170721183007j:image

f:id:mitsukuro3:20170721183100j:image
今週はとてもいいお天気で、念願のそうめん流しをしましたー!!
しろつめくさで、パパさんがたが一生懸命切り倒した竹を使います。
お手伝いに来てくれた小池さんとしぶちゃんと一緒に、竹をセッティング。あれこれ言いながら高さや傾きを調整していると、ひとり、またひとりとやってきました。
竹を見て興味を示す子どもたちと、興奮するお母さん(笑)
そう。イベントはお母さんのためのもの。子どもにとっては、きっと好き放題できる時間を奪われて迷惑かも。
でも、みつクロはイベントの日を設けることも必要なことだと考えています。
もちろん、みつクロの一番大きな柱は子どもが主人公であるということで、大人は脇役で黒子に徹底します。でもやっぱり、活動に連れてくるお母さんが「行きたい」と思わないと、活動に参加すること自体が難しくなってしまいます。
このような時々行う季節の行事を取り入れたイベントを行うことで、お母さんが楽しむことができるし、お母さん同士の関わりができて普段ではなかなかできないコミュニケーションをとることができると思うのです。
お母さんが「楽しい」と感じたら、「行きたい」につながるはず。
特に一学期は、まだみつクロに慣れていなくて、親も子も緊張しています。子どもの様子や変化・成長を感じることも少なく、みつクロに参加してよかった!と思う機会がほとんどないのではないでしょうか?
だから、イベントを通じて他のメンバーと触れ合うきっかけになればいいなぁとも考えているのです。

f:id:mitsukuro3:20170721183138j:image

子どもたちは、そうめん流し、経験したことあるかな?もしかして、お母さんも初めての人がいるかな?
水に流れてくるそうめんを、使い慣れない箸で必死にとろうと構えている姿がとってもかわいい☆
「きたよ!きたよ!」って楽しそうなお母さんが眩しい☆
一番下のザルからとって食べている子もいました(笑)賢い!!

f:id:mitsukuro3:20170721183156j:image
暑い夏は、ただそうめんを食べるだけでも涼しくて美味しいのだけど、竹に水を流して流れてくるそうめんを自分でとって食べるなんて、本当に斬新!
こんな遊び心満載で、清涼感抜群の食べ方を思い付いた人ってすごいなぁと感心するばかりでした。

みんなで持ち寄った薬味を並べて、みんなでキャーキャー言いながら食べるそうめんって格別!
途中ステキなものも流れてきて、またまた楽しむことができました。
お母さんの楽しそうな声が飛び交って、無事に一学期を終えることができました。皆さん、ありがとうございました。
先日の定例会で、楽しいとかちょっと辛いとか、それぞれたくさんの感想を教えてくれました。全員が、3月の修了式の日に「みつクロに参加してよかった」と思って終わりを迎えることができるように、これからも全力で頑張ります!

f:id:mitsukuro3:20170721183212j:image

最後に、7月のお誕生日会をしました。
いつもニコニコ元気いっぱいのゆっきー。とっても人懐っこくて、私といつも手をつないでくれます。せいちゃんと一緒で、お母さんを独り占めできないけれど、決してグズグズ言わないお兄ちゃん。
3歳、おめでとう☆
かなちゃんも、お母さん3歳おめでとう!毎日毎日、お母さんお疲れさま☆
大切な仲間の1年で一番大切な日を、みんなでお祝いすることができて嬉しいです♪

最後に、今日の活動は、竹を提供してくださった山崎さん、汗水流して切り倒してくださったパパさんがた、活動のお手伝いをしてくださった小池さんとしぶちゃんなど、たくさんの人のお陰で実現することができました。
もちろん、そこに参加してくれるメンバーがいるからこそなのですが、こうしてたくさんの人たちに助けられてみつクロが楽しく、充実した活動ができていることに心から感謝しています。
みなさん、いつも本当にありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

(文 おすぎ、写真 みつくろアルバム)