おさんぽサークル みつばのクローバー

広島県安芸郡府中町・未就園児親子対象。森のようちえんスタイルの子育てサークル「おさんぽサークル みつばのクローバー」の活動記録です。

6月④イベントのない日は

子どもたちが自ら考えて作り出す「名もなき遊び」。その遊びを大切にしたいという想いで、みつくろでは何のイベントもないおさんぽだけの日を大切にしています。

なのですが、まだ年度初めの1学期は、大人同士の繋がりづくりのためもありイベントをすこし多めに盛り込んでいます。子どもも大人も関係のできる2学期以降は、イベントが子どもたちの自主的な遊びを邪魔することがあるので、少しイベントを減らしていきますよ~!

さて、この日はイベントがない一日。
リーダーのあきなちゃんが「今日は川に行ってもいいし、山に行ってもいいよ~!」と朝の会で声をかけ、川へ行くグループと山へ行くグループの二手にわかれて遊びました。

f:id:mitsukuro3:20190708231915j:plain

川へ行ったグループは、沢登りでずんずんと上流の方へ。大きな琵琶の木を見つけたよ!と教えてくれました。
流れる水を小さな体で受け留めながら、登るみつくろっこたち。とってもたくましいなぁ!

f:id:mitsukuro3:20190708232025j:plain

山へ行ったグループは、去年のみつくろっこたちが大好きだった斜面を登ります。
落ち葉がいっぱいあって滑りやすい斜面を、木の根っこにつかまりながら登っていきます。この斜面は登るのが本当に難しくて、何度も何度も挑戦するけれどズルズルと滑ってしまって涙が出てしまう子も。

でも、どうしても登りたくて滑り落ちながらもなんとか登頂!上まで行くと、お尻で滑り台のようにして滑り降り、また登ります。

登れなくて諦めてしまった子も、2度3度と挑戦する中できっと登れるようになります^^自分の力量を見極めて「今日はもうやめとく」を判断するのも大切。また挑戦して「やっとのぼれた!」を体感するのも大切。できることとできないことの間で葛藤しながら育つ「その子の足並み」を、ゆっくり見守ってあげられたら良いですね。

f:id:mitsukuro3:20190708232447j:plain

斜面で遊んだ後は、お山の中の秘密基地へ。細いタケノコがたくさん生えていて、夢中で掘る子どもたち。

秋にふっくらとした実をつける栗の赤ちゃんも見つけました。緑色のイガイガは、予想と裏腹に柔らかくて優しいさわり心地。栗は大人になるにつれて、トンがっていくみたいです。まるで人間のよう?

f:id:mitsukuro3:20190708232707j:plain

この日のテーマトークは、「最近気になっていること」。
いろんなジャンルの気になること。みんなであーだこーだ言いながら笑いあっておしゃべりしました。子どもたちは母さんたちが楽しそうに話していると、一人また一人と野原で遊びだします。母さんも子どもたちも、みんな楽しそう♡

手遊びは、あすちゃんとPちゃんが歌の絵本を読んでくれました。BGMはももちゃんのウクレレです。とっても素敵な音色と歌声に癒され、子どもたちのぴかぴか笑顔に元気をもらった夏の一日でした。

(文:かよ、写真:みつくろアルバム)